はちみつ

サメの健康パワーを手軽に

栄養価の高い健康食品

男性

肝油とは、海に棲む魚の肝臓から抽出した脂肪分を原料とした食品です。豊富な栄養を含んでいるため、各地で古くから利用されてきました。特に甘みを加えて製品化した肝油ドロップは、現在、中高年となっている人たちの多くが学校給食で食べた経験を持っています。肝油を使った健康食品やサプリメントは、現在もなお根強い人気があります。中でもサメの肝臓を原料とした鮫肝油は、その優れた栄養価で注目の的となっています。大量に摂取すると身体に変調をきたすとされているので注意が必要ですが、適量を守って摂取すれば高い効果が期待できます。サメは通常の魚類と違って体内に浮き袋を持たないため、水より軽い油分を肝臓脂肪のかたちで体内に大量に蓄えることで浮力を得ています。また、この脂肪は滋養分としてサメの生命維持にも役立っています。

美容への効果も期待できる

鮫肝油には、ビタミン類が豊富に含まれることで知られています。特にビタミンAとビタミンDの含有量の多さが目立ちます。また、不飽和脂肪酸であるαリノレン酸やDHA・EPAも豊富です。特に注目すべき成分としては、スクワレンがあります。スクワレンもまた不飽和脂肪酸の一種で、鮫肝油特有の成分です。スクワレンには体内にあって酸素の補給を活発にする働きがあります。これにより全身の新陳代謝が促進され、フレッシュな細胞を作りやすくします。そのため、健康面はもちろんお肌のターンオーバーを活性化するという美容効果も期待できます。また、スクワレンには肝機能を改善したり免疫力を高めたりする作用もあります。そのため、鮫肝油には有害物質を排除し、病気にかかりにくい身体を作るのにも役立つと言われています。